福岡県博多港からフェリーで約4時間30分。飛行機ならわずか30分。高速フェリーなら約2時間のところに対馬(長崎県対馬市)はあります。対馬の玄関、厳原(いずはら)港。そこから車で約30分ばかり北に走った赤島(あかしま)というところに私たちの製塩所はあります。塩田は2基。ひとつは天日塩普及会所有。もうひとつは橋本清澄氏が代表を務める玄海塩の会のもの。どちらも橋本清澄氏の手によって管理され、伝統的な方法で自然そのままの塩が作られています。
目の前には、ここから北東へと大きく広がっていく日本海。夜になると、たくさんのイカ釣り船が煌々と明かりをともし、漁をしている景色を見ることができます。
四方を海に囲まれた日本。私たちは平成7年からこの対馬で塩づくりを行っています。豊かな暖流・対馬海流の真ん中に位置し、その潮流は海草やプランクトンを育み、日本海の豊かな海の幸をもたらしてくれます。
近くに工場のないきれいな海水。また、温暖な気候は私たちがこだわる<天日乾燥>には欠かせません。そしてなにより、ゆっくり流れる島の時間のテンポが、私たちの塩づくりのスタイルに、とてもあっています。


玄海塩の会代表。1994年より独力で流下式塩田を建設し、太陽の光と風のみによって塩を作っています。同氏の作る塩はほとんどが会員を中心に頒布され、一般にはあまり販売されていません。一般の方向けに生産量を増やすために建設した第二塩田が天日塩普及会所有となっており、製造はすべて橋本氏が行っています。